SNSまとめ読み | ソシャプラ!

ヒカキン

ヒカキンの動画、YouTubeチャンネル、Twitter、インスタをまとめて閲覧することができます。

概要 YouTube Twitter インスタ

ヒカキンのプロフィール

ヒカキン出典: YouTubeヒカキンは日本のユーチューバー、ビートボクサー。UUUM最高顧問、ファウンダー。本名は開發 光(かいはつ ひかる)。身長は174㎝。血液型はO型。新潟県中頸城郡妙高高原町(現:妙高市)出身。生年月日は1989年4月21日。兄(長男、2歳上)はユーチューバーのセイキン。「ヒカキン」はスキージャンプ教室の先輩につけられた本名をもじったあだ名で、子供の頃に一時期だけ呼ばれていたもの。小学生の頃の夢は「スキージャンプでオリンピックに出場すること」で、高校生までスキージャンプ(全国で8位に入る腕前)をしていた。2008年に新潟県立新井高等学校を卒業後、東京に上京しスーパーマーケットの店員の仕事をしながらYouTubeにヒューマンビートボックスなどの動画を投稿していた。2010年に投稿した「Super Mario Beatbox」のビートボックス動画がヒットしたことで大きな注目を集めるようになり、国内外のYoutube関連のイベントへの出演や、各種メディアへの露出も増える。2012年にはスーパーの仕事を退職し、動画の投稿を通じた広告収入のみで生活を始める。2013年6月にはYouTuberの事務所「UUUM」の設立と共に同社のファウンダー、最高顧問に就任。多忙で、飲みに行ったり食べに行ったりすることが少ない為、セブンイレブンなどのコンビニで食事を済ませることが多い。一方でブランド品などに関心があり、大のルイ・ヴィトンファンでもある。サンリオのキャラクター「ポムポムプリン」のファンであり、誕生日にサンリオから世界に一つしか存在しないポムポムプリンの縫いぐるみが贈られた。耳かきへのこだわりが強く大量かつさまざまな種類の耳かきを保有している。


ヒカキンのSNSについて

ヒカキンはYouTubeTwitterインスタ、TikTokのSNSを運用している。特にYouTubeに力を注いでおり、メインチャンネルの「Hikakin TV」とサブチャンネルの「Hikakin」「HikakinGames」「HikakinBlog」を開設・運営している。動画での挨拶は「ブンブンハロー YouTube! どうも HIKAKIN です」。メインチャンネルの「Hikakin TV」では2011年7月19日に動画が初回投稿され、商品レビューややってみた系の動画を投稿している。サブチャンネルの「HikakinGames」はフォートナイト、青鬼、マイクラなどのゲーム実況動画、「HikakinBlog」は自身のプライベートなどの日常動画、「HIKAKIN」は自身が最初に開設したチャンネルでヒューマンビートボックスの動画投稿がメインとなっている。ヒカキンのYouTubeチャンネルの視聴者層は小学生~中学生が多いとのこと。自宅の専用スタジオで、企画・撮影・編集を全て一人で行い動画を投稿している。使用している動画編集ソフトは「Final Cut Pro」。


ヒカキンがブレイクするきっかけとなったビートボックスの動画

ヒカキンのユーチューバーとしての地位を確立するきっかけとなった「Super Mario Beatbox」の動画。それまでレディー・ガガやダフト・パンクなどの海外アーティストを題材にしていたが、友人から「マリオのビートボックスをやったら?」と薦められて投稿したのがきっかけとのこと。

Super Mario Beatbox

ヒカキン関連のニュース

ご意見・ご感想を投稿ください。

コメントを投稿する