SNSまとめ読み | ソシャプラ!

King Gnu

King Gnuのプレイリスト、YouTube、Twitterを閲覧することができます。

概要 YouTube プレイリスト Twitter

King Gnuについて

King Gnu出典: PinterestKing Gnu(キングヌー)は常田大希(ギター・ボーカル)、勢喜遊(ドラムス・サンプラー)、新井和輝(ベース)、井口理(ボーカル・キーボード)の男性4人からなるミクスチャーバンド。所属レーベルはアリオラジャパン。公式ファンクラブは『CLUB GNU』。2013年、常田大希を中心に「Srv.Vinci」(サーヴァ・ヴィンチ)という名前でバンド活動を開始。 以後、メンバーチェンジを経て、2015年に現在の4人体勢となった。 2017年、「King Gnu」(キング・ヌー)に改名。2019年、1月16日に2ndアルバム「Sympa」でソニー・ミュージックレーベルズ内レーベル、Ariola Japanよりメジャーデビュー。バンド名の「King Gnu」は由来である動物の“ Gnu =ヌー ”が、春から少しずつ合流してやがて巨大な群れになる習性を持っており、自分たちも老若男女を巻き込み大きな群れになりたいという思いから名づけられた。メンバーそれぞれが多方向の音楽から影響を受け、そこから新しい音楽を作り上げたことから、「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と称されている。バンドロゴには「JAPAN MADE」という言葉が入っている。ミュージックビデオの制作や、ロゴタイプをはじめとするビジュアルデザインは、常田が立ち上げたクリエイティブチーム「PERIMETRON」(ペリメトロン)が担っている。代表曲としてアニメ「BANANA FISH」のEDテーマ「Prayer X」、テレビドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌として起用された「白日」などがある。


King Gnuのメンバーについて

常田 大希 / King Gnu

常田 大希 / King Gnu

常田 大希(つねた だいき)はKing Gnuのギター、ボーカル、チェロ、ピアノ、作詞、作曲を担当し、プロデューサー兼リーダー。生年月日は1992年5月15日。長野県伊那市出身。長野県伊那北高等学校卒業。東京藝術大学音楽学部器楽学科チェロ専攻中途退学。小澤征爾が主宰する小澤国際室内楽アカデミーにチェロ奏者として在籍していたことがある。父はロボットエンジニア、母は音楽教師、2歳上の兄はヴァイオリニストとしても活動している常田俊太郎。両親がピアノ弾きであったため、音楽に囲まれた環境で育った。5歳よりチェロを習いはじめる。小中は野球部であったが、中学3年の時に複雑骨折した事により合唱部に転部。井口理は合唱部の後輩である。横浜DeNAベイスターズファンであり、ファンクラブに入っていた。

勢喜 遊 / King Gnu

勢喜 遊 / King Gnu

勢喜 遊(せき ゆう)はKing Gnuのドラムス、コーラス、サンプラー担当。生年月日は1992年9月2日。徳島県阿南市出身。プロミュージシャンの両親を持ち、幼少期より電子ドラムを叩いていた。小・中学生時代にはダンススクールに通い、ダンサーを志望していた。高校よりドラムに転向、学生時代は吹奏楽部でパーカッションを担当した。高校卒業後、ミュージックバーで、当時Srv.Vinciのドラムを探していた常田と出会う。2019年10月30日、自身のInstagramアカウントにて三味線奏者の白藤ひかりと結婚したことを報告した。

新井 和輝 / King Gnu

新井 和輝 / King Gnu

新井 和輝(あらい かずき)はKing Gnuのベーシスト。生年月日は1992年10月29日。東京都福生市出身。 東京都立青梅総合高等学校卒業。東京経済大学卒業。14歳よりベースを始める。高校入学後、日野賢二に師事。また、大学4年より2年間、ジャズベーシストの河上修の自宅に住み込み修行を積んだ。常田からバンドのサポートの話が来た時、セッションだけ行う音楽に飽きていた事もあり、「このバンドに入りたいんだけど」と話した。その後、井口と新井はサポート活動を経て、そのまま加入した。

井口 理 / King Gnu

井口 理 / King Gnu

井口 理(いぐち さとる)はKing Gnuのボーカル、キーボード。生年月日は1993年10月5日。長野県伊那市出身。伊那市立伊那北小学校、伊那市立東部中学校、長野県伊那弥生ヶ丘高等学校、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。男一女の4人兄弟の末っ子で、次兄は声楽家(バリトン)の井口達。最も好きなミュージシャンは七尾旅人。バンドメンバーの常田大希とは小学校、中学校の幼馴染という仲で特別仲が良かったというわけでもなかったが、常田がすでに中退していた東京藝術大学の学園祭にバンド演奏のため訪れたところ、出店の客引きで歌っていた井口と奇跡的に再会する。それがきっかけで常田から「曲をレコーディングするからコーラスをやってくれない?」と誘われ、Srv.Vinciのメンバーとなった。2019年4月から約1年間『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)の木曜日パーソナリティーを担当。その他にNHKのドキュメント番組のナレーション、映画「劇場」に出演するなど、俳優、ナレーターとしても活動している。バンド内ではムードメーカーであり、ファンからはお笑い担当として認識されている。


King GnuのPC用壁紙


King GnuのiPhone用壁紙・待ち受け


King GnuのAndroid用壁紙・待ち受け


King Gnu関連のニュース


King Gnu 公式サイト&SNS(外部リンク)

公式 YouTube Facebook

ご意見・ご感想を投稿ください。

コメントを投稿する