SNSまとめ読み | ソシャプラ!

武井 壮

武井 壮のプレイリスト、YouTube、Twitterを閲覧することができます。

概要 YouTube プレイリスト Twitter

武井 壮について

武井 壮出典: Pinterest武井 壮(たけい そう、1973年5月6日 – )は日本のタレント、元陸上競技選手。陸上競技・十種競技元日本チャンピオン。引退後はタレントとして活動し、「百獣の王」を目指している。SPECIALIST JAPAN所属。生年月日は1973年5月6日。東京都葛飾区生まれ。身長は175cm。体重は69kg。血液型はA型。白いタンクトップ姿とゴリラのスニーカーがトレードマーク。神戸学院大学、中央学院大学卒。中学・高校では成績がトップで入学金の免除、奨学金の支給がされていた。中学では野球、高校ではボクシングに取り組んでいたが、大学時代に短距離走を始め、神戸学院大学3年時に十種競技へ転向する。中央学院大学にスカウトされ、神戸学院大学卒業後に進学。1997年の第81回日本陸上競技選手権大会十種競技において、競技歴2年半で優勝する。100m走ベスト記録の10秒54は2015年7月2日、音部拓仁によって破られるまで、十種競技・100mの日本最高記録だった。2003年頃から本業の合間に芸能活動を始める。タレント活動のかたわら、陸上競技のマスターズ大会にも随時出場。2013年には、ブラジルの世界マスターズ陸上競技選手権大会の男子200m決勝において、22.64秒というタイムで銅メダルを獲得した。また、2014年6月22日開催の「第34回沖縄マスターズ陸上競技選手権大会」(浦添陸上競技場)のM40クラス(40 – 44歳)の4×100メートルリレーのアンカーとして出場し、同種目のマスターズ世界記録に100分の5秒差と迫る42.25秒で優勝し、金メダルを獲得するとともに、マスターズのアジア新記録および日本新記録を達成した。2015年にフランスのリヨンで開催された第21回世界マスターズ陸上競技選手権では、M40クラス(40 – 44歳)の4×100メートルリレーに日本代表のアンカーとして出場し、42秒70のタイムで優勝し金メダルを獲得した。2020年2月、サッカー元日本代表の本田圭佑(ブラジル・ボタフォゴ所属)が東京都で立ち上げた社会人サッカーチームOne Tokyoの監督に就任。いきものがかりの路上時代からのファンで、吉岡聖恵のファンである。


武井 壮関連のニュース


武井 壮 公式サイト&SNS(外部リンク)

公式 YouTube Twitter Facebook インスタ

ご意見・ご感想を投稿ください。

コメントを投稿する