SNSまとめ読み | ソシャプラ!

内山高志

内山高志のプレイリスト、YouTube、Twitterを閲覧することができます。

概要 YouTube

内山高志について

内山高志出典: Facebook内山高志(うちやま たかし)は元プロボクサーで第35代OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者。元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者。KO率が高かったことから「ノックアウト・ダイナマイト」の異名を持つ。ワタナベボクシングジム所属。入場曲はThree 6 Maf*aの「It’s A Fight」。日本におけるボクシング世界王者として、歴代3位となる11回連続防衛の記録を保持した。生年月日は1979年11月10日。出身地は埼玉県春日部市。身長は172cm。リーチは182cm。プロボクシングの戦績は24勝(20KO)2敗1引き分け。長崎県の三人兄弟の次男として生まれ、小学校時代は内牧少年野球クラブで野球に親しみ、春日部市立春日部中学校時代にはサッカー部に所属。辰吉丈一郎や川島郭志などの影響を受け、ボクシングの強豪である花咲徳栄高校に進学し、ボクシングに転向した。高校3年時の1997年に初の全国大会出場となる高校総体にバンタム級で出場しベスト8入り。同年のなみはや国体少年の部バンタム級では榎洋之らを倒し準優勝した。高校卒業後はボクシングの名門である拓殖大学に進学。2001年の全日本アマチュアボクシング選手権大会で優勝。プロに転向し、2005年7月16日、6回戦でプロデビュー。2007年9月8日、8戦目で空位のOPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦でナデル・フセイン(オーストラリア)と対戦し、8回TKO勝ちで王座奪取に成功した。その後、2009年10月まで5度の防衛に成功し、同年12月に王座返上した。2010年1月11日、14戦目で世界初挑戦。WBA世界スーパーフェザー級王者フアン・カルロス・サルガド(メキシコ)に12回TKO勝ちをして王座を獲得した。その後、11度の防衛を果たしたが、2016年1月28日、ジェスレル・コラレス(パナマ)に2回2分59秒TKO負けを喫し、王座から陥落した。2016年12月31日、ジェスレル・コラレス(パナマ)と再戦するものの12回1-2の判定負けを喫し王座返り咲きに失敗した。2017年7月29日、現役引退を表明した。2018年12月、東京都四谷三丁目にフィットネスジム「KOD LAB FITNESS BOXING」をオープンした。2020年2月16日、出身地である埼玉県春日部市にもジムを開設した。2020年7月4日、YouTube公式チャンネル「内山高志KOチャンネル」を開設した。


内山高志関連のニュース


内山高志 公式サイト&SNS(外部リンク)

公式 YouTube

ご意見・ご感想を投稿ください。

コメントを投稿する