SNSまとめ読み | ソシャプラ!

梅原 大吾(ウメハラ)

梅原 大吾(ウメハラ)のYouTube、Twitterを閲覧することができます。

概要 YouTube Twitter

梅原 大吾(ウメハラ)について

梅原 大吾(ウメハラ)出典: Pinterest梅原 大吾(うめはら だいご / Umehara Daigo)は2D対戦型格闘ゲームにおいて数々の大会を制している世界的に著名な格闘ゲームプレイヤー。とりわけカプコンのストリートファイターなどの対戦型格闘ゲームで多くの実績を残し、同社開発本部長(当時)の岡本吉起から「10年に一人の天才」と呼ばれた。生年月日は1981年5月19日。青森県生まれ。身長は173cm。血液型はAB型。趣味は麻雀、食べ歩き。愛称は国内ではウメハラ、ウメ、ウメちゃん、ウメさん、海外ではDaigo、The Beast, Daigo the Beast。


姉の誘いによりゲームを覚え、後にゲームセンターで対戦型格闘ゲームを始めるようになる。1994年には、梅原が中学生の頃に稼働された『スーパーストリートファイターII X』において才能が開花し、当時から都内のゲームセンターでは著名な存在だった。特に『ヴァンパイアハンター』では286連勝という記録を残した。1997年、ゲーメスト杯『ヴァンパイアセイヴァー』の全国大会で優勝し、全国に名を広めるきっかけとなる。1998年10月18日、「ストリートファイターZERO3 全国大会」で優勝。2000年『カプコン バーサス エス・エヌ・ケイ ミレニアムファイト 2000』で優勝。2009年4月18日、アメリカのサンフランシスコで開催された『ストリートファイターIV』の全米選手権の決勝大会「GameStop STREET FIGHTERS IV NationalTournament Finals」に参加し、優勝。2009年7月19日、アメリカのラスベガスで開催された「Evolution Champinship Series 2009 Finals」の『ストリートファイターIV』部門に出場し、優勝。2010年4月、アメリカの周辺機器メーカー・Mad Catzとスポンサー契約を結び、プロ格闘ゲーマーとなる。2010年7月、アメリカ・ラスベガスで行われた格闘ゲームイベント『EVOLUTION 2010』(EVO2010)のスーパーストリートファイターIV部門において優勝。2010年8月に「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」として、ギネス・ワールド・レコーズに認定され、ロンドンで表彰された。2016年2月、Twitchのチャンネル「Daigo the BeasTV」を開設。2016年6月にはTwitchのグローバルアンバサダーに就任。2016年5月14日、飲料メーカーのレッドブルとスポンサー契約を締結。2017年3月2日、スネーク・アイズ、PRバルログとともにCygamesとスポンサー契約をし、チーム『Cygames Beast』を結成。2020年2月末、Cygamesとのスポンサー契約終了。2020年4月1日、DouYuJapanが運営するライブ配信プラットフォームMildomとスポンサー契約し、チーム名を『Team Mildom Beast』として活動開始。


梅原 大吾(ウメハラ) 関連のオススメの動画

梅原 大吾の背水の逆転劇

梅原(ウメハラ)の知名度を世界的に広めたEVO 2004 VS ジャスティン・ウォン(春麗)戦の逆転劇の動画です。あと1発も食らえないところから相手の猛攻を凌ぎコンボを決めたところに、ウメハラの諦めない心、冷静沈着なメンタル、日頃の地道な鍛錬の積み重ねを垣間見ることができます。



梅原 大吾(ウメハラ)の慶応大学での講演

2017年1月19日に慶應丸の内シティキャンパスで行われたウメハラの講演動画です。ウメハラがいかにストイックかがよくわかります。格ゲーシーンだけでなく、生きていく上でとても為になる動画だと思います。



東大卒プロゲーマー ときどとの決戦 獣道2

EVO2017年の大会で優勝し、格ゲー業界の頂点に立ったときどが最強だと思っているウメハラに挑みました。今振り返ってみても、ときどのウメハラに対する想いがバチバチに伝わってくる格ゲー史に残る試合だと思います。



梅原 大吾(ウメハラ)のPC用壁紙


梅原 大吾(ウメハラ)のiPhone用壁紙・待ち受け


梅原 大吾(ウメハラ)のAndroid用壁紙・待ち受け


梅原 大吾(ウメハラ)関連のニュース


梅原 大吾 公式サイト&SNS(外部リンク)

公式 YouTube Twitter インスタ

ご意見・ご感想を投稿ください。

コメントを投稿する